beyogalicious

こんにちは。
YogalicioiusのYUKIです。

今日は、ヨガのインストラクターを目指している方からよく聞かれるヨガインストラクターの資格について簡単にご紹介してみようと思います。

まず、ズバリヨガインストラクターになるために絶対必要な資格というのはありません。ヨガの経験があって、自分で教えられると思えば教えてもいい。。。という感じです。しかしながら、これではインストラクターの知識や技能に不安を感じてしまいます。そこで、インストラクターになるためのある一定の勉強をしていますという目安になる民間資格が生まれました。

中でも、一番メジャーなものが全米ヨガアライアンスのRYT(Registered Yoga Teacher)ではないでしょうか?この全米ヨガアライアンスは1980年代にアメリカで発足しました。現在では70カ国以上ので通用する認定資格を授与しています。日本でも2000年代あたりからよく聞かれるようになり、2019年には1,400名余のインストラクターが登録しています。(未登録者を含めると25,000人程度になると思われます。)その中でRYT500に登録している人数は約150名ほどです。

RYTにはいくつか種類があります。

RYT200
これは200時間のティーチャートレーニングを修了した段階で登録することが可能です。
実際のティーチングの経験は必要ありません。

RYT500
RYT500は500時間のトレーニングを修了すると登録できます。
RYT500を取得するためには、ヨガアライアンスの認定を受けたスクールで200時間トレーニングと300時間トレーニングの両方を受講して合わせてRYT500として申請する方法と、スクールによっては一気に500時間トレーニングをしているところもあります。また、200時間を受講したスクールと300時間トレーニングを受けるスクールは同じである必要はありません。
200時間➕300時間=RYT500
または
500時間トレーニング=RYT500となります。
RYT500の登録にも実際のティーチングの経験は必要ありません。

eRYT200
RYT200となってから最低2年の指導経験と100時間以上の指導実績が必要です。

eRYT500

RYT500となってから少なくとも2年以上の指導経験、1,000時間以上の指導実績が登録に必要になります。

その他、キッズヨガ(RCYT)、マタニティーヨガ(RPYT)など専門的な分野に特化したものもあります。

スクリーンショット 2019-10-01 18.28.55

以上が簡単なヨガアライアンスの仕組みです。
そのほかにも民間団体が発行しているヨガの民間資格はたくさんあります。
そして、最初にも申し上げましたがインストラクターになるために絶対必要という資格は現在のところありません。しかし、ある程度ちゃんとした知識を持っているという証明のためにも何かしらの講座を受講した証のようなものはあったほうがいいというのが一般的な考えではないでしょうか。もちろん、資格講座などは受けていないけど長くヨガをされていて、素晴らしい先生はたくさんいらっしゃいますので、一概には言えないのですが。。。

これから何かしらのインストラクター資格講座を受けようと考えられているのであれば、世界的にすんたんダードになっているヨガアライアンスの講座を受講されることを個人的にはお勧めします。理由としては、一番に認知度が高いことです。講座はある一定のカリキュラムが決められていますが、ヨガのスタイルなどは自由でスクールごとに特色があります。ですので、好きな先生やスタイルのヨガから選ぶことが可能です。



通訳として様々なトレーニングを拝見してきましたので、もし、スクール選びやスタイル選びでお悩みの方がいたらどうぞお気軽にご相談ください。

RYT500を目指している方はぜひこちらをご覧ください。
Shatnigirl Yoga Hawaii 300時間トレーニング開催!!


2020年初のブログは、生徒から見た先生の素顔です。
今回は、2008年に200時間トレーニング、2019年に300時間トレーニングを修了されたヒデコさんに聞いた先生の好きなところです。2008年に先生に出会ってから、ヒデコさんがオーナーを務めるスタジオBeflatで毎年のように先生方を招いてワークショップを開催されたり、ティーチャートレーニングをされたりしています。そんなヒデコさんの先生とのエピソードです。

Rupali先生のエピソード
こんにちは、Rupali先生のRYT300卒業生のムカエヒデコです。
Rupali先生Tania先生とは、2008年のRYT200を受講した際に初めて出会いました。

Rupali先生。
出会った時からずっと変わらない美しさと優しさ。そしてヨガの知識は深くて それはどこまで続いてるんだろう?どこまでも深い。
そんなRupaliの弱点は何だろう?とふと思った時がある。だって火の打ちどころがないくらい素晴らしい人だから。人間だもの、、何か一つくらい弱点あっても🤭
1 休憩時間にリンゴ食べながら大きなアクビをする
2 Taniaが作ってくれたグルテンフリーのクッキーを嬉しそうに頬張る
3 最近のハマってる日本語は「マジで⁉️」と、「そっかそっか」
弱点でもなんでもないな笑
可愛い😍

Tania先生。
2008年当時は、時々コワイな〜と感じるほどピリピリした雰囲気もあったTania。年々、可愛らしさが増していく笑
シャバアサナが終わって「ナマステ」と顔上げた瞬間、もうエナジーバーを頬ばっていた時があって、皆んなツボった時があったな。
最近は、佐世保にお気に入りのタイレストランがあって、佐世保に行くことが決まった瞬間から、佐世保=タイ料理 と、何度も夢に出てくるそう笑

IMG_2978


そして、私はRupali Tania が2人揃ってる時が大好き😘
こんなにも個性が違う2人なのに、助け合って支え合って 阿吽の呼吸で存在する姿に近くにいていつもホッとする自分がいるし、羨ましくさえある。
これからも2人の生徒でずっとい続けたい。心からそう思わせてくれる先生に出会えたことが私の幸せ。

連日、ルパリ先生の素敵なところをご紹介していますが、もちろんタニア先生だって素敵なんです。タニア先生についてはまた詳しくお伝えする予定ですが、今日はショートバージョンで先生のお茶目なエピソードをご紹介します。

実はお二人とも結構便利グッズみたいなのが好きです。
数年前に自撮り棒が流行った時、タニア先生は自信満々で「これ買ったの」といって日本に自撮り棒を持ってこられました。しかし、使ったことはまだないらしい。
早速、写真を撮ってみようということになってパシャリ。

IMG_2632


自撮り棒が思いっきり写ってますけど。。。
「使い方がよくわからないわね〜」と先生。
それ以来、自撮り棒を使っているタニアを見たことはありません。

でも、なんかタニアらしくて可愛い。
そんなところも好きです。


そんな先生に日本で会えるチャンスがこちら。
2020年1月17日 大阪 200時間ティーチャートレーニング
2020年2月2日 大阪 ワークショップ
2020年3月〜  松山、佐世保、大阪 300時間ティーチャートレーニング

お気軽にお問い合わせください。
yuki@beyogalicious.comまで

このページのトップヘ