Shantigirl Yoga Hawaii 300時間ティーチャートレーニングを修了された卒業生に実際に受けてみて感じたことを伺ってみました。

IMG_1839


今回はHawaiiでのトレーニングを2019年に修了されたみずほさんにお話を伺いました。

Q.  300時間トレーニングを受けようと思ったのはなぜですか?
A.  RYT500を目指そうと思ったのは、資格をアップグレードしたいという気持ちからではなく、自分が尊敬する師からもっと学びたいと思ったからです。仕事や育児で日常はていっぱいでしたが、自分から時間を作らなければチャンスはいつでもあるわけではありません。

Q. 300時間トレーニングの内容はいかがでしたか?
A. 200時間トレーニングは一般向けの基礎情報が多いですが、300時間トレーニングは講師の先生によって大きく内容が変わってきます。より専門的で深い内容になります。
私が受講したコースはすでに指導をしているメンバーが主だったので、今一度一人の生徒に戻って、自分自身を見つめ直すというまさに私には必要なカリキュラムでした。
ルパリ先生自身、常に新しいことを学び続けていらっしゃるのでクラスは毎日とても深く、そして興味深いものでした。先生のお人柄が良く表れるパーソナルな一面も多く、日々笑いと涙にあふれていました。 

IMG_1837

Q. ハワイでは3期制、日本では4期制になりますがそれについてはいかがですか?
A. 3回のモジュールに分かれていたので、回を重ねるたびに自分に変化を感じることができました。肩の力がだんだんと抜けてある意味練習は楽になったように思います。

Q. 300時間トレーニング終了後、何か変化がありましたか?
A. 指導は欲張らず、自分のペースでしていけば良いと実感でき、担当している200時間の指導も自分で言うのもなんですが、かなり改善されたように思います(笑)。生活自体にも気持ちのゆとりができたような気がします。


Q. 最後に一言あれば
A. これからもずっとルパリ先生から学び続けていきたいです。


MIZUHOさん、ありがとうございました。

Shantigirl Yoga Hawaiiの日本でのトレーニングは2020年3月スタートです!
詳しくは、Shatnigirl Yoga Hawaii 300時間トレーニングをご覧ください。

ご質問やお問い合わせなどはyuki@beyogalicious.comまで